• 借金を希望する時には、それぞれの方にそれぞれの希望する金額というものがあります。
    10万円でいいとか100万円は欲しいといったような希望が必ずあるものでしょう。
    ただし、その希望される額が必ず利用できるとは限りません。
    それは消費者金融では審査を行うわけですが、審査をおこなった時に融資できる金額というものを決めます。
    融資できる金額は、それぞれの方に合わせて算定されるものになります。
    ですので、必ず希望に添えるとも限らないのです。
    少ない金額でしたら希望に添える可能性も高いです。
    しかし、仮に100万円や200万円といいますと、そう簡単に融資はしていただけないと考えて間違いありません。

    ではなぜそのようになっているのかと申しますと、総量規制の存在があります。
    総量規制とは、消費者金融業者にかかわる規制です。
    消費者金融ではその規制のおかげで年収の3分の1以上の貸し付けはできないのです。
    ですので、100万円の限度額を設定する方は300万円以上の年収が必要です。
    そして、200万円なら600万円以上になります。
    大きな額は、仮に消費者金融側が貸付ができると判断した場合でも、借入れを行う方の年収によりまして利用ができなくなることもあり得るのです。

    以上の事から考えますと、まずは自分で総量規制というものを知ることが大切であると分かるはずです。
    総量規制の内容が分かれば自分で借りられる金額が大体見えてくるものです。
    総量規制に即した額の希望を出すというようなことを心がけましょう。
    ただし、他社でも借り入れがある場合は、その借入金額も加味する必要があります。
    総量規制は、1社ごとではなく消費者金融の借入全体に関わるものなのです。
    年収が300万円で、すでに他社で50万円を借り入れていましたら、残りは50万円となるわけです。

    また、50万円以上の借入を行う場合には、確実に収入証明が必要ですのでそれを用意して審査を受けるべきです。
    50万円未満でも用意することが必要になるケースがありますので、それも忘れないようにすべきです。