• null消費者金融のイメージが昔と今とでは全く違うことに改めて驚きました。
    サラリーローンという名称も既に「死語」といってよいほど、今消費者金融の利用者は、若い世代はもちろん、女性もとても多いのが実情です。
    一番大きな変化をもたらしたのは、やはりCMなどで好感度が上がり、会社情報や利用方法などが、明確にオープンになったことなどが大きく影響していると思います。
    そのようなイメージアップの中で、借入と返済を計画的にしっかりと行い、そこさえきちんと守れば、今の生活に消費者金融はとても役立つものだと実感しました。
    毎月定額の給与が入り、それに対して月々の支出も同様に変化がなければ問題はありませんが、やはり冠婚葬祭などの突然の出費は、社会生活上、必ず起こり得ることです。
    また、年末年始のたて続きのイベントや、シーズンごとのレジャーやバーゲンなど、やはりその月によって出費がかさむというのは誰でも当然だと思います。
    翌月になればまたきちんと給与として収入があるのですから、確実に返済計画が立てられるのなら、躊躇せずに利用すべきだと思います。
    毎月定額できちんと積み立てている定額預金を解約したり、たとえ近親間でも人からお金を無心するのはやはり避けたいのが通念です。
    そのような時に大いに役立ってくれる存在が消費者金融であり、以前のようなルーズにすることにより返済が滞って起こるような受け入れ難い状況などは、本人の自覚と実行力さえあれば全く問題ないといえます。
    むしろ、しっかり者が進んで利用すべきなのが消費者金融のシステムだと思います。

    Filed under: 活用術