• 私は、色々な場所に入港するという、一年の半分を別の土地で過ごす、船に乗る仕事をしています。
    ですから、一般の人より、頻繁に現金を使う機会が多い立場だと思います。
    普通の人なら、仕事をして、家に帰って、のんびりするという毎日で、玉の休みにお出かけするみたいな生活パターンでしょう。
    ところが船乗りの場合、プライベートがほとんど無い状態で毎日を過ごし、入港したら発散するという感じですし、他所の地なのでのんびりする場所も無く、足も無いので交通費がかかったり、宿やお店にいる時間にもお金がかかるので、そうなります。
    ただ、一般的な職業よりお給料はいいですし、それこそ、最低限寝る場所さえあれば、生活できるのでトータルではお金が貯まりやすく、バランスが取れているといえます。
    そんな感じなので、消費者金融を利用する機会が多いですし、周りもそうです。
    nullお給料は銀行振り込みなので、使うときは降ろす必要があるのですが、仕事が終わって、夜に上陸したり、夜に入港して街に繰り出す場合は、困ってしまいます。
    そんなときに消費者金融なら、ATMでいつでもおろせますし、次の日の朝にでも銀行から返せば、手数料以下の利息ですむので、重宝します。
    先に書いたように、とにかく現金を使う機会が多いので、どこの地方に入港しても、ATMがあり、いつでも現金を調達できる消費者金融は、我々にとって財布みたいなものですよね。
    こういう利用方法もあるのです。